スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by がこりん on --.--
Category :スポンサー広告

クリスマスと言えば・・

私の持っている人形の中にも、クリスマスバージョンってのがありました!
とりわけ、とても気に入ってるものをちょっと紹介♪

まず、パチエット・クリスマスボックス入り。
pati

この人形は、エファンビーというアメリカの老舗の人形会社で
古い歴史を持つ「PATSY」という人形です。
大きいの(40cm)から小さいの(10cm)まで
大きさによって若干呼び方も違うようですが、
私はこの22cmパチエットちゃんが大好き。
素朴でシンプルで、イラストから飛びでてきたような雰囲気が可愛いですね。
アメリカの人形については、また詳しく書いてみようかと思っています。

arekisanda-

こちらは、マダム・アレキサンダードール社の、これまた有名なウェンディちゃん。
この会社も、アメリカの老舗の人形店で素晴らしい質の良い作品を作っています。
とにかく、このウェンディちゃんは種類も多くて、
年代によって微妙に顔も雰囲気も違っています。
この子はだいたい90年代の作品ですね。目が大きいのが特徴かなぁ。
ウェンディちゃんは、うちにまだいるので又少しずつ紹介していきますね。

odekochan

これは、私がとても気に入っているペットワークスの「おでこちゃん」という人形。
今や、簡単には買えないほどの人気者になってしまいましたが、
まだ、普通にドールショップに並んでいた頃に一目ぼれしました。
お顔は幼い感じなのですが、なんともいえず可愛らしい。。
スリープアイで目とカツラを自由に変えることができます。
猫の「ニッキ」と絵本で描かれていて、ニッキもすごい人気者なのです。
このジャンパースカートは、ウェンディちゃんのを借りてますがピッタシ!
眠っている顔がたまらなくキュートですね。

ちなみに、ニッキと一緒の画像はこちら。猫目にカスタムしてみました。

odekoniki


スポンサーサイト
Posted by がこりん on 25.2007   0 comments   0 trackback
Category :でぃすぷれい

昭和レトロが好き。

retoro

あなたは、何時代が好きですか?

と聞かれたら、私はまず「大正浪漫」

西洋の文化を取り入れた、和風というのがすごく素敵で

そういうカフェとか、雑貨屋さんを夢中で探してた時があります。

部屋のインテリアも、そのような雰囲気を出したいなぁと思っていたのですが、

やっぱり、現実の生活になかなか溶け込まなくてその度に夢が壊れるばかり。。


それに比べて、何故か部屋に馴染むものといえば、「昭和ちっくなもの」

まぁ、安くて可愛い、レトロで現実的というのがいいのかなぁ。

そう遠くないけど何故か胸がキュンとなるような懐かしさ。

実家からもらってきた物もいっぱいあります。

そんな昭和レトロな可愛い物を、また少しずつ紹介しますね。

☆上の画像☆
左下から、中原淳一風のイラストの入れ子木箱。陶器バンビ(骨董市で)
ドリームペッツ風プードル(やたら、プードルが流行ったらしい)
後ろ、赤いパンダのビニール小物入れ(子供の頃のお宝)
ビクター犬ニッパー君(ステレオを買うともらえたそうです)
左は、サトウ製薬のサトちゃん古いバージョン、
後ろはポーズドール(蚤の市で見つけました。小ぶりで顔が可愛い)
Posted by がこりん on 19.2007   2 comments   0 trackback
Category :レトロわーるど

ビスクドール修行中。

創作粘土ドールを独学で長年やっていますが、

3年前に、偶然にもビスクドールの先生との出会いがあって

それ以来、月一回ビスクを習うようになりました。

家には焼成する釜もないし、先生だけが頼りなのですが

ビスクは夢と憧れだったので、良い先生に出会えたことは本当にラッキーでした。


焼いて磨いてまた焼いて磨いて、顔を少しずつ描いては又焼成する。

その根気のいる作業の繰り返しの中で、少しずつ命が吹き込まれていく感じ・・

今まで、ジュモー10号、ブリュミレットサイズ、ビスクキューピー、

ミニョネットを仕上げましたが、またおいおいご紹介します。

実を言うと、洋服作りにものすごい苦労しました。

現在はA・T12号、3回目の焼成で次は眉毛を描きます。
at

それと同時に、グーグリーミレットサイズも作り中。
gu-

こちらは、先生の見本の子がすでにできあがっていました。可愛い!!
g-chan

一緒に勉強中の友人はビスクキューピーに絵付けしているところです。
kyu-pi-

一体完成するまでには長い道のりですが、出来上がった時には、

嬉しくて嬉しくて、胸いっぱいの幸せを感じることができます。

だから人形作りは止められないのかもしれませんね。
Posted by がこりん on 02.2007   0 comments   0 trackback
Category :ビスクドール
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。